半導体 集積回路 設計 開発 輸出入 販売 加工 電子部品

上へ戻る

2016年11月10日

シリコン・ラボ、Thread 1.1 準拠ソフトウェア・スタックを発表

メッシュ・ネットワーク向けチップおよびソフトウェアのトップ企業のシリコン・ラボが、Thread の新プロトコル・スタックのリリース向け適合試験に合格し、市場における Thread 採用の推進に寄与
 

シリコン・ラボ、Thread 1.1 準拠ソフトウェア・スタックを発表
 

シリコン・ラボラトリーズ(本社: 米テキサス州オースチン、Nasdaq: SLAB、以下: シリコン・ラボ)は、Thread 1.1 規格の技術仕様適合試験(コンフォーマンス・テスト)に合格した、Thread メッシュ・ネットワーク向けソフトウェア・スタックの提供開始を発表しました。シリコン・ラボのワイヤレス SoC およびモジュール上で実行される、Thread 1.1 規格準拠ソフトウェア・スタックを使うデベロッパは、本規格への適合認証の取得に向け、開発した Thread 仕様製品の適合試験申請が可能です。
 

シリコン・ラボの Thread 1.1 コンフォーマンス・テスト準拠プロトコル・スタックは、ARM® Cortex®-M コアをベースとした Mighty Gecko 及び EM358x ワイヤレス SoC を含む、Thread アプリケーションならびにメッシュ・ネットワーキング向けに最適化された、シリコン・ラボのワイヤレス・コネクティビティ製品のお客さまに無償提供されます。シリコン・ラボの Thread プロトコル・スタック、ハードウェア・プラットフォーム及び開発ツールに関する詳細情報は、こちらをご参照ください(http://jp.silabs.com/products/wireless/mesh-networking/thread/Pages/thread.aspx)
 

Thread 規格は 2015 年 7 月に仕様 1.0 が公開され、その後、チャネルアジリティやマスターキー変更等の大幅な機能強化が実施されています。すべての Thread 仕様製品の適合認証取得は、Thread 1.1 仕様のハードウェア・テスト・ベッドおよびテスト・ハーネスを用いて評価されます。Thread グループのテストプログラムは、独立機関である ULのテストラボが管理し、UL からは各 Thread 仕様製品のシームレスかつセキュアな連係を担保するための、各種の厳密な試験が提供されています。
 

シリコン・ラボは Thread グループの創設メンバーの 1 社でもあり、その技術委員会の委員長として、Thread 仕様の立案と策定に貢献してきました。シリコン・ラボからは、2015 年 7 月に Thread 向けプロトコル・スタックが公開されています。現在では、数百社に上る顧客企業がシリコン・ラボの Thread スタックおよび豊富な開発ツール群を評価中であり、主要数社においては、適合認証プログラムの開示と同時に市場投入が計画されている、家庭用ネットワーク接続製品の開発が活発に展開されています。
 

シリコン・ラボのソフトウェア担当バイス・プレジデントで、Thread グループの技術担当バイス・プレジデントを務めるSkip Ashton は次のようにコメントしています。「Thread 技術は、IoT 向けの IP 形式メッシュ・ネットワークの代表的なソリューションとして、その存在感が高まり続けています。今回発表した、Thread 1.1 準拠の Thread 仕様ソフトウェア・スタック各種は、コネクテッドホーム市場ならびに Thread 仕様製品の開発と認証を求める数百という企業にとシリコン・ラボ、Thread 1.1 準拠ソフトウェア・スタックを発表って、朗報です。メッシュ・ネットワーク向けチップとソフトウェアのマーケットリーダーとして、シリコン・ラボには顧客企業およびエコシステム系パートナー各社によるメッシュ・ネットワーク製品の開発と認証取得を支援してきた、10 年以上の経験が蓄積されています」。
 

シリコン・ラボの Thread 技術により、数百に上る家庭用コネクテッド・デバイスの無線相互接続とインターネットへのシームレスなブリッジングのための、シンプルで堅牢かつスケーラブルな手段が提供されます。Thread 仕様ソフトウェアを使うことで、自己回復型で単一障害点もなく、ノード数 250 以上に拡張可能な IPv6 ベースのメッシュ・ネットワークが実現します。また、プロトコルとしては「スリーピー」エンドノードにも対応し、バッテリ寿命も延長され、コミッショニングも楽になります。シリコン・ラボの Thread 仕様ソフトウェア・スタックは、各ノードのネットワーク接続に金融クラスの E2E(エンドツーエンド)セキュリティを採用しており、ネットワーク化トランザクションすべてのセキュリティを確保する実証済み AES-128 暗号化技術を使用しています。
 

モノのインターネット(IoT)向け無線接続用チップ、ソフトウェア、ソリューションのトップサプライヤーとして、シリコン・ラボには、世界各国のお客様に 1 億個以上のメッシュ・ネットワーク向け SoC 及びモジュールをお届けしてきた実績があります。
 

シリコン・ラボラトリーズについて

シリコン・ラボラトリーズ(NASDAQ: SLAB 本社、米テキサス州オースチン、www.silabs.com)は、IoT(モノのインタシリコン・ラボ、「Thunderboard™ Sense」開発キットを発表ーネット)、インターネット基盤、工業制御、民生及び自動車市場向けにシリコン、ソフトウェア、及びシステム・ソリューションを提供する業界大手メーカとして、エレクトロニクス産業の難題を解決し、性能、省エネルギー、コネクティビティ、設計の簡素化の面で大きなメリットをお客様に提供します。ソフトウェア及びミックストシグナル設計の分野で無類の技術力を誇る世界クラスのエンジニアリング部門を擁し、初期構想から最終製品までのプロセスを改善するために必要なツールを開発者に提供します。会社概要・事業内容の詳細は www.silabs.comをご覧ください。
 

リンク

製品に関する問い合わせ先

テクスターカンパニー
株式会社マクニカ

E-mail tsc-mail@tecstar.macnica.co.jp
FAX 045-470-9842
TEL 045-470-9841
前へ戻る